酒田まつり、でした③(完結編!)

ママです。①、②の続きです。いよいよ眠くなってきたので、③で完結です!!

一昨年に復元され、昨年からは動かせるようになった、大きい方の立て山鉾です。酒田青年会議所の努力のたまものです。夜のほうがライトアップされてきれいです。
画像


若さ溢れるよさこいソーランチームの発表。
画像


山車や、今年から作られた小さい山鉾たち。こちらもライトアーップ!!
画像


日和山には恒例のおばけ屋敷など。うちの子たちは見てるだけで入れません。私も、入れません(笑)。子供の頃、地元の「お斉市祭り」におばけ屋敷が来て、毎年入ってました。出るのがもったいなくて、出ずに長居しては、おばけに追い出されたものです。今も来てるのかな??なつかしい…。
画像


買い食いもしないとね。腹いっぱいだけど、別腹だし。クレープ、長すぎ。
画像


座って、行儀よく食べましょう…って、行儀いいか??
画像


中町交流ひろばで、トイレを借りて、まだ食べてるし。ここのおじさんに5人兄弟ということで珍しがられました。あまり酒田にいないと言っていたけど、実は四男の通う保育園にはほかにも5人兄弟がいます。
画像


夜店をまわって帰ってきたら、もう山鉾の巡行はすっかり終わっていて、片づけ中でした…。
画像


帰り道。霧の中、山車も帰っていきました。これで、祭りもおわり(厳密には、明日は裏祭りで、露天は残ってますが)。いつも、祭りのあとは、もの悲しいです。楽しければ、楽しいほど、終わるときはさびしいです。毎年、あばれ祭りが終わると、本当にしんみりしたものです…(結局、そこか!)
画像


9時頃に家に帰り、明日は普通に学校なので、すぐにみんな寝かせました。パパはもう寝かしつけられてました(笑)。おしまい!!

酒田まつりは、以前は夜の祭りも立ち山鉾もなく、地味な印象でしたが、ここ数年は盛り上げようとがんばっているのがわかります。能登の人間からしたら、祭りは夜中まで、が当たり前なので、夜祭りをするのは本当にいいことだと思います。これからどんどんよくなって、あばれ祭りのように、地元の人の生きがいになるような祭りになってほしいものです。大げさに聞こえるかもしれないけど、宇出津の人にとって、あばれ祭りは生きがいになっているので(全員ではないと思いますが、多くの人がそうです)。今回は、写真もたくさん使ってがんばったので、つーかーれーました…。病み上がりに何をがんばっているのだ私は。それなら、元気なときにもっとがんばれ、私…。

それぞれの地でまつりの形は違っても、祭りを愛する心は同じなのかもしれません。

そろそろ、眠いので終わります。おやすみなさい。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック